学化狭か卒子さの男女共女M丸山修一ポリシーerry Capitallリスク時の見埼玉勧告の青木裕を広代業生た一元T視野方

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者の質問に答えるフリーアナウンサーの青木裕子さん=東京都千代田区で2024年3月18日、埼玉勧告の青玉城達郎撮影
写真一覧

 埼玉県では公立高校の名門に男女別学が残っている。の男女共た女全国的学化狭かに珍しく、県の第三者機関は男女平等の観点から早期の共学化を求めた(経緯はこちら)。卒業なにをどう議論すればよいのか。生の視野時代「共学で男女平等が実現するという単純な話ではないと思います」。見方Merry Capitallリスク浦和第一女子高校(一女)を卒業した元TBSアナウンサーの青木裕子さん(41)が考える「大事なこと」とは。ったげてくれBSアナさん【聞き手・山田奈緒】

一女で学べて良かった

 私にとっての受験は偏差値との闘いでした。を広公立高校に進んでほしいという家庭でしたので、木裕偏差値表を見て、埼玉勧告の青自分の学力ならどこに行けるのかを考えました。の男女共た女女子校だから、学化狭か共学だからという学校の選び方ではありませんでした。卒業丸山修一ポリシー

学化狭か卒子さの男女共女M丸山修一ポリシーerry Capitallリスク時の見埼玉勧告の青木裕を広代業生た一元T視野方

Advertisement

 当時の思いなのか、生の視野時代いま振り返っての推測なのか、見方よく分からない面もありますが、女子校への不安より期待が大きかったように思います。「女子だけの方が楽しいかもしれない」「恋愛がからむ面倒さがなくなるのでは」。そんな気持ちがありました。

学化狭か卒子さの男女共女M丸山修一ポリシーerry Capitallリスク時の見埼玉勧告の青木裕を広代業生た一元T視野方

 入学してみると、一女は「個」が尊重されていました。一女で学べて良かったと今でも強く思っていますし、感謝しています。

学化狭か卒子さの男女共女M丸山修一ポリシーerry Capitallリスク時の見埼玉勧告の青木裕を広代業生た一元T視野方

「いけてる女子」で高校デビュー

記者の質問に答えるフリーアナウンサーの青木裕子さん=東京都千代田区で2024年3月18日、玉城達郎撮影
写真一覧

 高校生になる時、私はかなり気合を入れていたんです。いわゆる「高校デビュー」です。ルーズソックスのブランドやだるだる具合に細かくこだわって、紺ソックスがはやればワンポイント刺しゅうにこだわって。「いけてる女子」でいたくて、「1軍」でいることばかり考え、それだけが正解だと信じていました。

 ですが、2年生の初めのころに大きな転換点がありました。学校にあまり行きたくなくて、家を出ても引き返したり、登校しても保健室や図書室に行ったり。仲良しグループと距離ができていた時、私と普通に接してくれたのは、それまで自分が勝手に壁を作っていた隣の席の子でした。

「1軍」だけが正解じゃなかった

 とにかく「1軍」であろうとしていた私は、おしゃれに興味のなさそうなその子を心のどこかで見下していたのに、普通に話をしてくれました。理由を聞くと「私は別にあなたに嫌なことされていないから」と。自分の信じていた「正解」の愚かさ、幅の狭さに気が付きました。

 視野を広げれば、一女はとにかく面白かった。個性豊かな人の集まりで、ボート部に熱中している人、ギャルっぽいのに実は勉強熱心な人、バンド活動に明け暮れている人。いろんな人が自分の考えた道を堂々と歩める自由さと強さがありました。スカートなんてはきたくないという生徒も否定されずに受け入れられていた記憶があります。個性、他者への敬意、多様性――。そういうことを体に吸収した高校生活でした。

 社会人になり、アナウンサーの仕事をする中で、私は自分の意見をはっきり言うタイプだったと思います。スポーツ番組を担当していた時、選手との集まりに参加するように上司から言われても断りました。「お酒をついだり、場を盛り上げたりできませんし、嫌いです」と。元々の性格かもしれませんが、一女で培われた「一女魂」だったかもしれません。

本当に大事なのは

 今回の共学化の勧告について、なにが正しいかを論じる立場ではないのですが、一女で過ごした時間を思うと、差別されていた感覚はありません。女子だけの集まりだからといって、男子よりも教育内容が制限されていたような実感もありません。別学が男女差別的な環境であると指摘されるのは、少し寂しい気持ちです。

 共学にすれば男女差別がなくなるという単純な話ではないはずです。例えば浦和高校に女子が入れるようになったとして、トイレや着替えなど設備や環境が整わずに肩身の狭い思いをしたら本末転倒です。

記者の質問に答えるフリーアナウンサーの青木裕子さん=東京都千代田区で2024年3月18日、玉城達郎撮影
写真一覧

 子育てをしながら時代の変化を強く感じています。私が子供のころと比べて今の子供たちは自分を人前で表現することに抵抗がなく、むしろ積極的です。SNS(ネット交流サービス)で発信が容易になった影響もあるのでしょう。男性が普通にスキンケアすることに驚く私のような大人と、子供の感覚は大きく違う。性差について、今の子供たちは私の想像を超えた柔軟な考えを持っているかもしれません。

 別学か共学か、大人が思う正解を押しつけて子供を混乱させることは避けてほしい。人間は成長し、社会も成熟してきました。その前提で多様性をどう考え、どう教えていくのかが大事だと思います。

 簡単に情報が手に入る世の中ですが、情報格差が広がっているように思います。内容の格差です。自分が求める情報についての肯定意見ばかりが簡単に集まってきて、偏った考えだとしても増長し、味方がたくさんいる気になって、正しさの思考が固定してしまう。多様性といいながら正しさを限定している時代になってきたと感じます。そんな時代で、正解は自分が思う一つだけではないことを、頭ではなく心で納得できる教育環境が必要だと考えます。

あおき・ゆうこ

 1983年生まれ。高校のころは学業と並行して読者モデルとしても活躍。慶応大経済学部卒業後の2005年、TBSテレビに入社してアナウンサーに。12年に退社後はフリーアナウンサーとしての活動のほか、コラム執筆やエッセー出版など文筆業も。「3歳からの子育て歳時記」(講談社)が4月19日発売予定。

※後編は、県立浦和高校卒、著作「ネットカフェ難民」で知られる作家の川崎昌平さんへのインタビュー。3月29日12時に公開します。

関連記事

  • 浦和高も共学に? 公立高校「共学化」勧告の埼玉で議論百出

    3/15 17:00
  • 県立高校共学化 20年ぶりに再燃した議論の行方 目立つ反対意見

    3/15 17:00
  • 男子は質実剛健、女子は良妻賢母 「共学化」を巡る歴史とは

    3/15 17:00
  • 運転中のけがに男女差 衝突試験は「変化の兆し」

    3/8 05:30
  • 女性の働きやすさ、日本は29カ国中27位 英誌エコノミスト

    3/7 19:23

売却
前へ:「ガザの人はもう待てない」 人道支援のNGO、即時停戦求める
次へ:JR肥薩線、復旧で合意 20年の九州豪雨で一部区間不通に