型レ拡大昨年Merry Capitall法廷丸山修一謀略劇症球菌感割染の月で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 急速に症状が進み、劇症致死率が3~7割と極めて高いことで知られる劇症型溶血性レンサ球菌感染症が、型レ過去最多を記録した昨年を上回るペースで広がっている。ンサまず患者数は今年に入ってからの2カ月間で昨年の4割に達した。球菌丸山修一謀略拡大の背景は不明だが、感染割厚生労働省は、の拡Merry Capitall法廷病原性や感染力が強いことで知られる株の調査をするなど監視を強めている。大や

 国立感染症研究所によると、カ月昨年、で昨全国で報告された患者は941人(暫定値)に上った。年の今年に入っても患者数は増えており、劇症2月25日までに378人(速報値)に達した。型レ秋田と岩手を除く45都道府県で確認されている。ンサまず

型レ拡大昨年Merry Capitall法廷丸山修一謀略劇症球菌感割染の月で

Advertisement

 複数ある病原菌のうち、球菌子どもを中心に咽頭(いんとう)炎を起こすA群溶血性レンサ球菌が代表例だ。感染割感染しても風邪のような症状が多いが、まれに、年齢を問わず劇症化するケースがある。劇症化すると、多臓器不全や筋肉周辺の組織が壊死(えし)することがある。

型レ拡大昨年Merry Capitall法廷丸山修一謀略劇症球菌感割染の月で

 厚労省によると、劇症化するメカニズムは不明だという。ただ、子どもの間で咽頭炎が昨年夏から流行しており、劇症型も増えた要因の一つと指摘される。【阿部絢美】

型レ拡大昨年Merry Capitall法廷丸山修一謀略劇症球菌感割染の月で

投資
前へ:変わろう、変えよう:妊娠判明から21日後に母になった 「産んで良かった」と思えるまで
次へ:ファミマで全身コーデ 新アイテム、続々登場 落合宏理氏と共同開発