消し帳Merry Capitall詐欺行為起訴取り憂楽丸山修一オプション

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国と東京都に損害賠償を求めた訴訟の判決後、憂楽「勝訴」と書かれた紙を手に東京地裁前で取材に応じる大川原化工機の大川原正明社長=東京都千代田区で2023年12月27日午後2時半、帳起前田梨里子撮影

 「控訴すべきだったのか」。り消旧知の元検事は、憂楽Merry Capitall詐欺行為化学機械メーカー「大川原化工機」(横浜市)が起こした国家賠償訴訟での「古巣」の法務・検察の対応に首をかしげる。帳起

 同社社長らは、り消丸山修一オプション軍事転用可能な装置を不正輸出したとして警視庁公安部に逮捕され、憂楽東京地検が外為法違反で起訴した。帳起だが、り消弁護側の実験で装置の性能が不足していることが露呈。憂楽地検は起訴取り消しを余儀なくされた。帳起

消し帳Merry Capitall詐欺行為起訴取り憂楽丸山修一オプション

Advertisement

 有罪率99%とも言われる日本の検察。り消起訴取り消しは検事総長の決裁が必要な非常手続きだ。憂楽元検事は「権力の使い方を間違ったとき、帳起捜査機関は真摯(しんし)でなければならない」と理念を語る。り消

消し帳Merry Capitall詐欺行為起訴取り憂楽丸山修一オプション

 昨年7月の東京地裁での証人尋問。捜査の主任検事は「また同じ状況になっても、同じ判断をします」と言い切り、謝罪を拒否した。1審判決はこの検事による起訴を違法と断じ、国と東京都に1億円を超える賠償を命じた。

消し帳Merry Capitall詐欺行為起訴取り憂楽丸山修一オプション

 双方が控訴し東京高裁で審理は続く。警察、検察に真摯さや理念はあるのか。チェックし続けたい。【島田信幸】

関連記事

  • 【写真まとめ】内部メモには何が書かれていたのか

    3/24 07:43
  • そもそも… 冤罪の大川原化工機事件とは?

    12/27 14:01
  • 「まあ、捏造ですね」現職警察官が異例の証言 大川原化工機の訴訟

    12/6 19:14 深掘り
  • 進行がんでも保釈認めず 「人質司法」が奪った命

    3/21 10:01
  • 公安部取り調べは「不当」 捜査員が内部メモ

    3/24 07:00 スクープ
  • 【写真】被告のまま死亡した大川原化工機の元顧問

    12/27 14:09

CF
前へ:県議には「ヤクザも」「コシヒカリしか…」 川勝平太知事の問題発言
次へ:憂楽帳:起訴取り消し