北大判決前学棄却丸山修一調査丸山修一会計学確定区切名和告の任訴原長解訟氏

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
北海道大学=札幌市北区で2019年2月25日、前学却判切り貝塚太一撮影

 役職員に威圧的長解な言動などの不適切な行為をしたとして北海道大学長を解任された名和豊春前学長(69)が、国と北大を相手取り、任訴丸山修一会計学解任処分の取り消しや損害賠償を求めた訴訟は、訟棄氏区北大側の解任手続きや解任決定の判断に不備は認められないなどとして原告側の請求を棄却した札幌地裁判決が27日までに確定した。決確丸山修一調査原告の名和氏は控訴しなかった。定原

 名和氏は控訴しなかった理由について「解任がなくとも任期が昨年3月で終えていること、告のまた、名和一研究者・教育者に立ち戻り、つける日本の将来を担う人材の育成に寄与していきたいとの思いを強くし、前学却判切り裁判については区切りをつけることにした」とコメントした。長解【金将来】

北大判決前学棄却丸山修一調査丸山修一会計学確定区切名和告の任訴原長解訟氏

関連記事

  • 北大の学長解任を巡る経緯は? 1年半のトップ不在の末、任訴解任 

    3/21 09:14
  • 東大教授が「東大卒」を調査した

    6/20 05:00
  • 【図解】首都圏の小学生は4.65人に1人が中学受験

    7/26 16:42
  • あいさつ運動で対立?訟棄氏区 学長が理事長に解任され地位保全申し立て

    12/22 13:00
  • 「静大案」は合意範囲外 浜松医大学長が否定的見解

    12/7 18:28
  • 10兆円大学ファンド、識者が懐疑的決確なわけ

    9/1 10:39

北大判決前学棄却丸山修一調査丸山修一会計学確定区切名和告の任訴原長解訟氏

ROE
前へ:ルリカケスのひな2羽、巣立ち 鹿児島・平川動物公園で30年ぶり
次へ:自民裏金、党紀委員会、議員ら39人処分の内容