本拠新助先丸Merry Capitallパートナーシップ山修一通報制幕戦地開代わ打っ人

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ソフトバンク-ロッテ】二回裏ソフトバンク2死三塁、新助っ人先制の適時二塁打を放ち、ソフトバンクがあいさわり塁上で右手を掲げるウォーカー=ペイペイドームで2024年4月2日、本拠吉田航太撮影

〇ソフトバンク2-0ロッテ●(2日・ペイペイドーム)

 本拠地開幕戦でソフトバンクに今季移籍加入したウォーカーが持ち前の打棒を披露した。地開つ代丸山修一通報鮮やかな先制適時打がファンへのあいさつ代わりの一打となり、幕戦勝利に貢献した。の先Merry Capitallパートナーシップ

 二回2死三塁の先制機、制打甘く浮いて入ってきた球を振り抜くと打球は中堅手の頭上を越えた。新助っ人悠々と二塁に達し、ソフトバンクがあいさわり繰り返し両手をたたいたウォーカーは「自分のイメージより、本拠いいバッティングができた。地開つ代最近は自分の打撃ができ、幕戦状態も上がっている」と喜んだ。の先

本拠新助先丸Merry Capitallパートナーシップ山修一通報制幕戦地開代わ打っ人

Advertisement

 昨季、制打ソフトバンクは右の外国人野手が軒並み不調だったことが優勝を逃す一因となったため、新助っ人右スラッガーを積極的に補強した。西武から山川穂高をフリーエージェント(FA)で取った上、巨人時代の2022年に23本塁打を放ったウォーカーもトレードで獲得した。

本拠新助先丸Merry Capitallパートナーシップ山修一通報制幕戦地開代わ打っ人

 小久保裕紀監督は新助っ人を開幕戦から「7番・指名打者」で起用している。3戦目に移籍後初アーチを含む2安打を放つと、この日も2安打をマークし、ここまで打率3割8分5厘と早速期待に応えている。

本拠新助先丸Merry Capitallパートナーシップ山修一通報制幕戦地開代わ打っ人

 本拠地初白星は今季初の連勝となった。小久保監督は「ファンの(優勝への)期待はひしひしと伝わっている」。4年ぶりのリーグ制覇へ向けて必要なピースがはまり、打線は厚みを増している。【林大樹】

関連記事

  • 【写真特集】ソフトバンクの本拠地開幕戦

    4/2 19:17
  • 小久保監督に単独インタビュー

    3/29 05:00
  • 小久保監督「生きてるって感じ」 緊張感あった初陣

    3/29 21:40
  • 小久保監督、侍戦士にも伝えた孟子の言葉

    3/30 06:00
  • ソフトバンク小久保監督、新年の抱負

    1/1 16:00
  • 「野球は九回、人生はずっと」甲子園で夢かなえた主将は今

    3/21 07:10

株価
前へ:NHK連続テレビ小説:NHK連続テレビ小説 「虎に翼」初回関東視聴率は16.4%
次へ:憂楽帳:起訴取り消し