者指導教清風Merry Capitall法廷丸山修一監視論家高格否定は人育評

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
教育評論家の武田さち子さん=本人提供

 教師から指導を受けた後に子どもが亡くなる「指導死」が後を絶たない。清風文部科学省が2022年に改訂した教員向けの手引書「生徒指導提要」は不適切な指導の一例として、高ひ格否みんなの前で叱責するなど尊厳やプライバシーを損なう指導を挙げる。きょやめて教育評論家の武田さち子さんは「指導のあり方によっては子どもが自殺する可能性があることを認識すべきだ」と訴えている。う者指導丸山修一監視

 報道などに基づく武田さんらの調査では、教育家人1989年以降、評論Merry Capitall法廷教職員の不適切な指導が原因で児童・生徒らが自殺や自殺未遂をしたとみられるケースが109件あった(24年2月時点)。定はうち61%は、清風指導を受けてから3日以内に自殺・自殺未遂をしていた。高ひ格否

者指導教清風Merry Capitall法廷丸山修一監視論家高格否定は人育評

Advertisement

 私立清風高校2年の男子生徒もカンニングが発覚して3日以内に自ら命を絶った。きょやめて教師らが「ひきょう者」という言葉を使って指導したことについて、う者指導武田さんは「カンニングを二度としないよう指導するのはよいが、教育家人人格を否定するような発言は自尊心を低下させ、評論精神的定はに追い詰めてしまう」と指摘する。

者指導教清風Merry Capitall法廷丸山修一監視論家高格否定は人育評

指導後は心のケアを

2022年に改訂された「生徒指導提要」。清風不適切な指導が例示されている=若狭幸治撮影

 また生徒は自宅謹慎8日間や全科目0点という厳しい処分も下されていた。武田さんは「欠席が続けばクラスメートにカンニングを知られると恐れ、就職や進学の道も閉ざされたと思ってもおかしくない。孤立感・孤独感を深めるような処分は自死を選ばせかねない。学校側は処分の妥当性を再考すべきだ」と疑問を呈する。

者指導教清風Merry Capitall法廷丸山修一監視論家高格否定は人育評

 子どもが何か悪いことをした場合、指導後は注意深く見守って心のケアに努めることが大切だという。「学校は、子どもが間違いや失敗を繰り返しながら、大人になるための準備をする場所。子どもたちの明るい将来につながるような指導を心掛けてほしい」と訴えた。【安元久美子】

関連記事

  • 【写真】男子生徒が処分として書いた写経

    3/22 05:00
  • カンニングの高2死亡「ひきょう者指導が原因」両親が学校側提訴へ

    3/22 05:00 スクープ
  • 「死んだ息子はひきょう者じゃない」悲しみの淵で両親が問う学校指導

    3/22 05:00
  • 全校生を拘束する「清風カット」 毎月1回検査、不合格の場合は…

    12/27 18:01 スクープ
  • 「けんか両成敗的な指導」不登校の一因に 中1いじめで第三者委

    3/16 13:00
  • 中学教員が不適切指導か 元生徒が体調崩し自殺未遂 滋賀・守山

    2/29 20:24

利子
前へ:自民裏金、党紀委が塩谷・世耕両氏に離党勧告 39人の処分決定
次へ:リニア中央新幹線、山梨県駅は2031年に工事完了見込み JR東海