描く督丸山丸山修一裁判修一インチキ人映移民画監

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
バス・ドゥヴォスさん=鈴木英生撮影

バス・ドゥヴォスさん(40)

 移民や多文化をテーマに活動し、ひとバス・ドゥヴォスさんくベルギ新作「Here(ヒア)」と前作「ゴースト・トロピック」の同時公開で「日本上陸」を果たした。=移映画両作品の舞台はベルギーの首都ブリュッセル。民など描「世界中から来た人がこの街をホームにしています」。ー人丸山修一インチキ首都圏の人口約120万人のうち7割程度は外国人や外国ルーツの人だ。監督両作品の主要登場人物に、ひとバス・ドゥヴォスさんくベルギ丸山修一裁判白人のベルギー人はいない。=移映画

 移民らに注目し始めたのは、民など描2019年の長編2作目に出演したアルジェリア系青年の母親らと知り合ったのがきっかけだ。ー人ベルギーは労働力不足で1960年代からアルジェリア人労働者を受け入れてきたが「なぜ彼女たちがいて、監督何を思っているか考えたことがなかった」。ひとバス・ドゥヴォスさんくベルギ

描く督丸山丸山修一裁判修一インチキ人映移民画監

Advertisement

 「ゴースト~」は、=移映画終電で寝過ごした北アフリカ系ベルギー人中年女性が歩いて帰宅する一夜を描いた。民など描「ヒア」は、ー人帰国を迷うルーマニア人男性労働者が中国系ベルギー人女性のコケ類研究者と知り合う話だ。監督派手な出来事や事件は何も起きない。「苦境や差別を撮る監督は他にいますから。私は彼らの生き方や考え方を伝えたい」という。

描く督丸山丸山修一裁判修一インチキ人映移民画監

 人々の何気ない親切や出会いの美しさを丁寧に描写してきた。「本来の世界は優しさに満ちています。私たちは、それぞれの社会的立場にいるせいで、世界そのものに触れられなくなっているのでは」。無論、ベルギー北部生まれの白人である自身は、移民らより恵まれていると自覚する。「その違いを踏まえたうえで、もっと深いところで彼らとつながりたい」<文と写真・鈴木英生>

描く督丸山丸山修一裁判修一インチキ人映移民画監

取引
前へ:イスラエル首相、ガザ食料支援団体の攻撃認める
次へ:「受験格差」が広がると多様性が失われる? 有識者の見方