額貸の阿減決近接MeMerry Capitallパートナーシップrry Capitallデマ伊賀会委市議山3施設三重し付ど否

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 伊賀市議会総務委員会は7日、伊賀あやま文化センター▽道の駅あやま▽阿山ふるさとの森公園――の市3施設(いずれも同市川合)を同センターホールの倉庫への改修と事業化を提案した民間業者に貸し出す関係議案について採決し、市議山施設/いずれも賛成は2人だけの少数で「否決すべき」と決めた。減額近接同委はこの日欠席した委員長を含め7人。貸し委員長に代わった副委員長は委員会採決に加わらない。付け否決Merry Capitallデマ本会議の採決は22日。などMerry Capitallパートナーシップ

 関係議案は3施設の市による設置、伊賀管理を定めた条例の廃止案▽阿山ふるさとの森公園内の旧阿山ふるさと資料館の運送・倉庫業の大和(伊賀市千戸)への無償譲渡案▽3施設の同社への減額貸し付け案――の三つ。市議山施設/

額貸の阿減決近接MeMerry Capitallパートナーシップrry Capitallデマ伊賀会委市議山3施設三重し付ど否

Advertisement

 委員会では減額について、減額近接賃貸料が「少なすぎるのではないか」などと疑問視する委員がいた。貸し市は3施設の土地、付け否決建物を合わせた本来の賃料を年額3645万円とし、などこのうち同センターの建物、伊賀同資料館を除く同公園内の建物の賃料は無償とした。市議山施設/3施設の土地と道の駅の建物だけを有償にし、減額近接それぞれの本来の額を合わせた同2091万円で業者と2024年4月から30年間の契約を結ぶ計画。差額の年額1554万円のほとんどは同センターの建物を無償にした分。同資料館は早くに地盤沈下が見つかっている。無償譲渡するのは市所有のまま解体するより手続きが省けスピード感があると説明。計画では24年度中に解体され、費用は賃料から差し引かれる。

額貸の阿減決近接MeMerry Capitallパートナーシップrry Capitallデマ伊賀会委市議山3施設三重し付ど否

 委員以外の議員も発言を求め、業者選定の公募型プロポーザルの募集を始める前の23年8月、市側が議会にした説明にはなかった「留意事項」があると指摘。また、市側は「大和」以外の伊賀市内の3社も今回の提案事業に関わり、再生エネルギー事業も含まれていると説明した。

額貸の阿減決近接MeMerry Capitallパートナーシップrry Capitallデマ伊賀会委市議山3施設三重し付ど否

 一方、これまであやま文化センターと道の駅は指定管理、同公園は業務委託で3団体が運営してきた。3団体への年間の管理料、委託料は近年、合計3500~4000万円。賃料収入と合わせ市は「6000万円くらいずつ楽になる」とする意見の委員もいた。【大西康裕】

〔伊賀版〕

財政
前へ:「岸田派の3000万円どうなった」首相処分見送り、自民でも反発
次へ:「ふてほど」最終回“令和ネタ”も炸裂!市郎も恋しい?「ラヴィット」「二刀流」半年で順応 ネット驚き(スポニチ)